プロフィール【婚活スマイル】

結婚情報サービス・結婚相談所の比較、"無料" 資料請求は【婚活スマイル】へ


婚活スマイルは、あなたの婚活(結婚活動)を応援します!

婚活お役立ち情報


プロフィールの書き方


結婚相談所への入会が決まったら、いよいよ婚活スタート!になるのですが、重要なのがプロフィールの作成です。プロフィールとは履歴書のようなもので、異性に自分のことを知ってもらうツールです。少しでも出会いのチャンスを広げるために、「興味をもってもらうようなもの」にしましょう。
そのためにも、自分が誰かのプロフィールを見たときに、どんなプロフィールだったら気になるか、を考えながら作るとよいでしょう。


写真は慎重に


プロフィールで最初に目にとまるのが写真です!これは、外見を重視する、ということではなく、多くの方が自分が求めない相手ではないかどうかを見るものといえます。そのため、清潔感に欠ける服装や髪型、明るくない目つきや印象にならないように、できればプロの方に撮ってもらうことをおすすめします。
撮った写真で良いかどうか不安なときは、迷わず結婚相談所のアドバイザーに見てもらいアドバイスをもらいましょう。

<男性の場合>

男性は私服のセンスがかなり影響してしまうので、出来れば無難なスーツがいいでしょう。

1.髭や髪の毛に気を使いましょう

2.清潔感のある服装で

3.表情は笑顔

<女性の場合>

男性は女性に「優しさ」や「落ち着き」を求めることが多いのでそれが上手く伝わるような写真を心がけましょう。

1.表情はやわらかく

2.服装は優しく見える淡い色

3.メイクはナチュラルに


具体的に、相手の気持ちになって書く


プロフィールは自分のことを書くのですが、自分が伝えたいことを書くというより、異性が何を知りたいか、相手の気持ちになって書くようにします。

結婚相談所に登録されている方々は、お相手の生年月日とお住まいのエリアには大変感心があります。さらに、女性は男性の年収、職業、学歴を重視されることが多いです。これらはどうすることも出来ないので、ありのままを伝えましょう。

次に、趣味や特技、自己アピールなどの項目は、表現次第で相手に与える印象がかなり変わってくるので、重要です。
「具体的に」「自分が好きなこと」「できること」を書くようにしましょう。
ニガテなことを無理して書く必要はありません。
お持ちの資格や技術などを書いたり、好きなことを書くようにして、相手に個性を伝えましょう。たとえば、 「読書が好き」な場合は、趣味「読書」と書いて終わってしまいますが、これでは漠然とし過ぎて、あまり関心を持ってもらえません。 「読書が好き」というよりも「推理小説」と書いり、好きな作家をあげる方が、お相手も話題として触れやすくなります。
音楽が好きな場合も、具体的にアーティスト名を挙げるなどすると良いでしょう。

また、書く内容は長すぎても短すぎても伝わりません。細かい話は会ってからもできますので、興味をもってもらうような「さわり」を確実に伝えるようにします。


ありのままを書いて、マイナス要素には触れない


プロフィールを書いているうちに、ついつい自分を大きく見せたがる人もいるかと思いますが「実際に会って話をしてみたら、イメージと違った」とお相手から言われるケースがよくありますので、注意しましょう。

また、マイナス要素については書くかどうか迷うところですが、プロフィールという文章のために誤解を招くことのないよう、触れないでおくことも1つ方法です。お会いして話すうちに、マイナスも伝えていき、理解してもらえれば良いことです。また、プロフィール上で、結婚相手に対する要望などを書くことも慎みましょう。

あくまで、プロフィールは自己を主張するのではなく、相手に自分を知ってもらうことが目的です。多くの方に興味をもってもらい、たくさんの出会いが実現すれば、それだけパートナーと出逢えるはずですから、良い印象を持ってもらえるプロフィールを作成してお相手に好感をもってもらえるように仕上げてください。